2013年02月27日

ダイナースカードのポイント制度改定

ダイナースカードのポイントの改訂が行われてから、もうしばらくの期間が過ぎたが、その効果は抜群である。(あくまでもdontatta自身の場合)
これまではポイントの得やすい他のホームカードを使用していたものが、ダイナースを使える限り、すべての場合でダイナースカード一辺倒となった。しかし重要な点は「ダイナースを使える限り」というところだ。何分にもダイナースカードはステータスとなり得る、入手困難度が最も高いクレジットカードの1つ。それだけに近所のスーパーや、小さなショップなどでは使用できないことが多い。
としてもだ。ダイナースカードで勝ち得たポイントは永久不滅、つまり使用期限がない。このメリットは以外と大きい。毎月の精算書のポイント欄で、有効期限を気にしながら何に使おうかと悩むことはけっこうよくあるからだ。
リーマンショック以来、出口の見えない不況が続いているがダイナースカードの利用者や利用率も減じてきたのだろう。これが今回のポイント制度の見直しにつながっていると考えられるが、使用者にとっては、これはやはりメリット以外の何者でもない。
【おすすめクレジットカードの最新記事】
posted by dontatta at 14:50 | Comment(0) | TrackBack(1) | おすすめクレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。