2013年03月17日

コートのフードの頭頂部のベルトって何のため?

一番最近dontattaがクレジットカードで購入したのが、
ちょっとミリタリーっぽい雰囲気のフード付きダウンジャケットである。
実はもうすでに春めいた日が続いていたので、コート類を購入するつもりはなかったのだが
冬物商品の見切りセールで70パーセントオフ。
しかも「レジにてさらに10パーセントオフ」の文字を見た時、
dontattaの節約精神はあっさりと消え失せた。
だから銀座あたりでうろうろしているとダメなんだ。

しかしお気に入りのブランドのダウンジャケットで
見た目の男臭さとは対照的に、着てみると軽い。
dontattaは荷物にしても服にしても重いものがダメなので
これはBestBuyかも。

フードのふちには着脱可能なフェイクファーが付いており、
さらにそのフードのてっぺん、
頭頂部やや後ろのあたりに幅1.5センチくらいの調節可能なベルトが付いている。
他のコートでもこのようなベルトが付いたものを見たことはあるが、
いったいこのベルトの目的は何?

ネットでいろいろ調べてみたらありました。
「フードの深さを調整する為の物。ミリタリージャケットの定番N-3Bのフードがそのような仕様になっているので、同様のジャケットには付いている」とのこと。(OKWave参照)
なるほど、そうだったか。
そういえば欧米人の頭部というのは、ひじょうに奥行きがあり顔も立体的になっている。
東洋人の頭部とはもっとも異なるポイントだがそれも関係あるのかもしれない。

このコートが着れるように、もう2、3日だけ寒くなれ!
posted by dontatta at 01:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 面白いこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする