2013年02月27日

悩ましいクレジットカードの厚み

クレジットカードには限らないが、ありとあらゆるカード類の厚みはどうにかならないものだろうか。
カードも10枚くらいまでなら、二つ折りの財布にもすっきりと納まってくれる。しかしクレジットカードにDVDレンタルショップのカード、いくつものショップの会員カード、果てはポイントカードや病院などの登録カード、図書館の会員証などまで含めると、何十枚という数になってしまう。
もちろんこうした大量のカードを常に携帯することは不可能だから、その中から選りすぐりの10枚程度を厳選する。それでも財布はもうパンパン。小銭などの入る余裕などどこにもない。
dontattaもやはりこうしたカード類を多く所有している。数えたことはないが最低でも30枚は下らないだろう。そのため数ヶ月前に、それまで二つ折りであった財布を、長財布に代えた。長財布はジーンズのポケットに収納するには不向きだが、昨今ジーンズの尻ポケットに財布を入れる風習もあまり見られなくなったので問題はない。
また長財布には、二つ折りの財布にはない「大人の雰囲気」が漂う。新札もピンと張ったまま収納できるし、おさめられるカード類の枚数も倍増する。
とは言えやはりクレジットカードを始めとするカード類は厚みがあり過ぎる。このハイテクの時代にカード類の厚みのみが置き去りにされていると考えるのは、dontatta一人だけだろうか。
posted by dontatta at 15:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | クレジットカード日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/332172007

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。